2010年03月08日

経カテーテル大動脈弁留置術を高度医療に―専門家会議(医療介護CBニュース)

 厚生労働省の先進医療専門家会議(座長=猿田享男・慶大名誉教授)は3月3日、高度医療評価会議が「高度医療評価制度」の対象に承認している「経カテーテル大動脈弁留置術」について、保険診療との併用が一定の条件の下で認められる「第3項先進医療」(高度医療)に承認した。

 経カテーテル大動脈弁留置術は、弁尖の硬化変性に起因する重度大動脈弁狭窄症が適応症。大阪大医学部附属病院が申請していた。同病院ではこの技術で2例の実績があり、いずれの症例も術後の症状と血行動態の改善が認められたという。

 典型的な1症例に要する費用は計595万2000円。このうち、保険が適用されない高度医療の費用は556万7000円で、このほか保険適用分の費用は38万5000円。ただ、患者負担は一律150万円で、差額は研究助成金で医療機関が負担する。


【関連記事】
先進12技術を「保険導入が妥当」と判断−専門家会議





ひき逃げか高2男子重体=頭から血、路上で倒れる−岐阜(時事通信)
ご当地検定 生き残り難題 240余が乱立 受検者軒並みダウン (産経新聞)
川の水混入温泉 府が立ち入り調査(産経新聞)
スーパーに軽自動車突っ込む 新潟・新発田市(産経新聞)
「普通の人」の犯罪防げ=万引き対策で初の会議−警察庁(時事通信)
posted by ハヤノ ショウゾウ at 12:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。