2010年06月02日

サムライブルーの高崎だるま作りピーク(産経新聞)

 サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の開幕を6月に控え、だるまの産地として知られる高崎市の「大門屋物産」(中田純一(すみかず)社長)では、日本代表のユニホームをデザインしただるま作りがピークを迎えている。

 工房には青に塗り上げられた数百個のだるまが並び、職人らが注文に応じて選手の背番号や名前、応援メッセージを書き込んでいる=写真。だるまは高さ17センチで、価格は開催年にちなんで2010円。人気が高いのは、中村俊輔(横浜M)や長谷部誠(ウォルフスブルク)という。

 24日に行われた壮行試合では、韓国代表に0−2で敗れた日本代表だが、中田社長は「転んでも起き上がるだるまのように、選手にはあきらめない気持ちを大切に熱い試合を見せてほしい」と話している。

【関連記事】
応援施設「サムライブルーパーク」オープン W杯
“サムライ”渡辺謙がエール「優勝目指せ」
営業期間は代表次第「サムライブルーカフェ」オープン
南アW杯日本基地、1泊最低125万円!
会場あ然…聞き覚えのある愛称「サムライブルー」

公認会計士の有罪確定へ=キャッツ証取法違反―最高裁(時事通信)
<気象>竜巻と雷の「ナウキャスト」 気象庁が27日から発生予測(毎日新聞)
自治体救援隊が技術伝授=地震時応急で日中協力(時事通信)
<雑記帳>「ナナちゃん」エコをテーマに衣替え 名古屋(毎日新聞)
横路衆院議長、「普天間」で異例の政権批判(読売新聞)
posted by ハヤノ ショウゾウ at 06:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。