2010年06月08日

<長官狙撃>「不適切な点なし」都公安委…アレフの苦情に(毎日新聞)

 公訴時効が成立した警察庁長官狙撃事件について、警視庁が「オウム真理教信者による組織的テロと認めた」とする捜査結果の概要をホームページで公表した問題で、教団主流派で構成する「アレフ」から苦情申し立てを受けていた東京都公安委員会が「不適切な点は認められなかった」と回答していたことがわかった。回答は5月28日付。また、アレフから請願を受けた国家公安委員会も同27日付で「特段の対応はない」と通知した。

 いずれもアレフが3日、明らかにした。アレフ広報部は「極めて遺憾。他の法的措置を含めて今後の対応を検討している」とのコメントを出した。

【関連ニュース】
性犯罪:「前兆行為」への指導・警告1229件 警察庁
警察庁:日証協DBに暴力団情報提供 証券取引から排除
警察庁:児童ポルノ根絶を訓示 少年担当課長会議で
警察庁:安藤長官のカンボジア訪問を中止
警察庁長官:「弘道会に打撃を」都道府県警に要請

支持率続落19%、初の2割割れ 政党支持率も自民と並ぶ(産経新聞)
4日に民主代表選 菅副総理が出馬表明(産経新聞)
園児が正しい歯磨き学ぶ 足立区の保育園で「いい歯チャレンジ教室」(産経新聞)
橋下知事「身内だけで決める仕組みおかしい」(読売新聞)
党運営、徹底した透明化進める…枝野氏あいさつ(読売新聞)
posted by ハヤノ ショウゾウ at 05:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。